外反母趾研究の第一人者は語る古屋式外反母趾改善法、とは

外反母趾の原因はペタペタ歩きにあった!

 「外反母趾」になる本当の原因はハイヒールや、幅の狭い靴を履く事でもありません。なぜなら、普段ハイヒールを履かない男性も子供も外反母趾になりますし、外反母趾の女性がハイヒールを履くのを止めても、その進行が止められない例が多数あるからです。
 「外反母趾」の専門家として13年間で2000人以上の外反母趾患者の治療に向き合ってきた古屋氏はこう断言しました。外反母趾の原因は「ペタペタ歩き」である 、と。

※テレビ、雑誌など多くのメディアに“外反母趾研究の第一人者”として紹介されている古屋氏からのメッセージは こちらのページに 掲載されています。

ペタペタ歩きが原因でなる開張足、とは?

 「ペタペタ歩き」という歩き方をすると本来使うべきある筋肉を使わずに歩いてしまい、この歩き方を何年も続けていると、その筋肉が退化し結果として足の横幅が広がってしまうという事になるのです。この状態を「開張足」といいます。
 「外反母趾」の原因はこの「開張足」なのです。「ペタペタ歩き」という習慣が筋肉を退化させ、「開張足」という状態になり、それが原因で外反母趾になる…ということを頭に入れておいてください。
 以上のことから外反母趾が“治る”ということは足の甲の幅が狭くなり、親指の角度が小さくなっているのに、親指と人差し指の隙間が空いていない状態である筈なのです。
※その状態を写真入りで説明しているページがこちらです。

外反母趾研究の第一人者は語る古屋式外反母趾改善法、とは

正しい歩き方を身につけ 本来あるべき“足のカタチ”に戻すためにすること、とは

 古屋氏が2000人以上の外反母趾患者を診てたどり着いたのは 7つの悪い歩き方4つの正しく歩くコツでした。外反母趾の患者さんは初期症状の患者さんでも重度と診断されるような患者さんでも、「ペタペタ歩き」になってしまう共通点が7つ、その“悪い歩き方”を治す方法が「4つの正しく歩くコツ」です。これらを理解してトレーニングを行えば、自分自身で自宅で簡単に外反母趾を改善させられるのです。
※多くの医療関係者も、この古屋氏の改善方法に賛同しています。詳しくはこちらのページへ どうぞ。

 古屋式外反母趾改善法を忠実に実践して頂ければ痛みから解放されていきます。早い人で2週間、遅くても3ヶ月後には痛みのない生活を取り戻せます。あなたも“正しい歩き方”を早く身につけ、本来あるべき足の状態にして外反母趾の痛みから解放されてください。詳しい説明はこちらのページをご覧ください。

Copyright © 2013 外反母趾を改善する方法、とは